News
--最新のNews
--過去のNews
--投票結果
--サイト内検索

Community
--SBB掲示板
--├SB総合
--└クラス&専門技能
--過去ログ
--About Site
--Links

SBinfo
--Shadowbane?
--操作法ガイド
--
Interface
--Party system
--読み物
--FAQ

Warfare
--Strategy FAQ
--Sieging FAQ
--Combat FAQ
--ギルド
--ギルドタイプ
--経済

Characters
--キャラ作成
--種族
--ベースクラス
--クラス
--専門技能

Worldinfo
--Game World
--背景
--The Legend
--建物
--モンスタ
 
  navi

Top>>Warfare>>ギルドタイプ

 
 

Shadowbane Guilds

魔法、信念、戦争の世界

Shadowbaneは破壊の戦争によって殆どが失われた世界を舞台にした魔法と陰謀のゲーム。多くの場合、力を求める人はギルドの形成を通しそれを求めるだろう。

Shadowbaneには多くのタイプのギルドが存在する。幾つかのギルドには種族とクラスの制限が存在しない一方で、あなたのクラスの教義に従うギルドに入ることで利益を得ることもある。

Guild types

Leader of City-Stateは都市国家(City-State)以上を支配しているギルドリーダーがこのRankを得ることが出来ることを意味します。

Leader of Nationは国家(Nation)を支配しているギルドのリーダーがこのRankを得ることが出来ることを意味します。

好ましいクラス Fury, Huntress
Guild ranks:
Guild Members:

Amazon Thrall / Amazon
Amazon Slave / Amazon Warrior
Amazon Servant / Amazon Chieftess

Leader of City-State


Amazon Consort / Amazon Princess

Leader of Nation

Amazon Senechal / Majestrix
Amazon Regent / Imperatrix

数世紀に渡り、Humans,Elves,Aelfbornのある1部族は世間と離れ住み、その隔たりを保ち王達、長老達の世の中を軽蔑していた。数世紀前、最初のHuntress、Phaedraは遥か南方の巨大な断層へと人々を導き、彼女の子孫Amazonは今日までそこに暮らしている。Amazonは進歩した文化を築き冶金や多くの魔術の神秘に精通している。どのような男もAmazonに成る事は禁止されているが、Templeの奴隷や使用人として男性は使われている。天罰の戦争の惨事の後AmazonはAll-Fatherへの信仰を完全に放棄しPhaedraは暗黒の盗人、猫の母、Vashteeraの信仰を人々に教え、そこから彼女等は多くの隠された技術を学んだ。Amazonは時折、腐敗した外世界を放浪するため自らの国家を離れ、変転(Turning)が起きて以来領土を拡張し出している。このような先進的なAmazonは外世界で生まれた女子を彼女達の部族に入れるための募集も行なって、彼女達の国家の力強さと知力を増大している。Amazonはまた外のBarbariansとの間の子を産むために故国を離れもするし、南部のあらゆる場所で女子を盗むことで彼女達の数を増やしたりもする。Amazonは大抵の小国家の人々から残忍な野蛮人だと恐れ嫌われている。Amazonはこのような誤解には気にも止めず、彼女達の人里離れた谷に立ち入る如何なる男を一瞬の死により追い払っている。

 

好ましいクラス Barbarian, Bard, Fighter/Warrior
Guild ranks:
Guild Members:

Barbarian
Skald
Raider
Karl

Leader of City-State

Jarl

Leader of Nation

Chieftain
Thane

厳然とした北の凍て付いた荒地を故国とする生粋の男達は彼らの偉大な力と獰猛な気性で世界中に知られ恐れられている。見識のある南の国民から"Barbarians"と呼ばれ、彼ら北の男は南部の人々を温かい気候のつまらない農夫と同じに扱い軽蔑している。北の男達はAll-Fatherの最初の子孫、彼の最も力強い子供だと信じ、それゆえに世界の全ての支配者だと信じている。これらの信念は彼らbarbariansを終わりの無い強襲と略奪に駆り立て、戦いが彼らの生活習慣となっている。北の民族達の間でAll-Fatherは彼らの創造者として認知され、彼らは彼を崇拝しない(彼は祈る人に対して決して返答しないのに、なぜ祈るのか?と)。厳しい彼らの故国での生存競争において、北の男達は繁栄か一瞬の死をもたらす、寒さ、嵐、太陽、そして先祖の魂などの自然の力を敬う。彼らは読み書きを知らないのだけれども、豊富な口頭での伝統的な伝説、武勇談を保持し、彼らの職人は彼らの獣性とよく合う美しい芸術品を作り出すことが出来る。北の男達は正直さ、技術、力、そして栄光を戦闘において全てのものより尊重し、GiantsやMinotaursとの間の戦いは伝説となっている。

 

好ましいクラス Crusader, Healer/Priest, Prelate
Guild ranks:
Guild Members:

Acolyte
Catechist
Deacon / Deaconess
Priest / Priestess
High Priest / High Priestess

Leader of City-State

Bishop

Leader of Nation

Lord Cardinal / Lady Cardinal
Patriarch / Matriarch

世界中で最も広範囲に及ぶ宗教、the Church of the All-Father(時折短くthe Holy Churchとも呼ばれる)は人間、Elves、Dwarves、そしてAracoix、Centaursの間にも信者を抱えている。全ての啓発された物達はAll-Fatherの孫か子供のどちらかだと信じ、多くの世代に渡り彼の名を称えて来た。その教会は平和と調和の公共施設として始まり、そしてあらゆる世代がAll-Fatherの本質的に異なる子供達の団結を探求し、世界にたびたび流行する異教の潮流を取り払う役目をしてきた。涙の戦争(The War of Tears)とCambruin the High kingの台頭が教会に重大な危機をもたらした。長老達はAll-Fatherの名を語り神の好意を安売りするように見えるCambruinと話をすることすらも嫌い、彼らはHigh Kingの戦争の是認、高潔な教会の最古の武力の放棄の儀式にも姿を表さなかった。The Church of the All-Fatherは涙の戦争を中立の立場で生き残り、結果として大きな変動、変転(Turning)を防ぐことが出来なかった。現在All-Fatherは口を閉ざし、そして多くの純粋な祈り人は報いられていない。All-Fatherの教会はAll-Fatherの指導をうしなった一方で、その司祭の信仰は今だ奇跡を起こし、聖人と執政官への祈りはまだ力を呼び起こす。教会は神聖な仕事を変転の後にも行ない続け、信仰と暗黒をものともしない生への希望を保ちつづけている。

 

好ましい種族 Dwarves
Guild ranks:
Guild Members:

Citizen
Master (recognized craftsman/laborer/warrior)
Councilor (member of advisory council)

Leader of City-State

Thane

Leader of Nation

Great Thane
High Thane

Thurinの息子達の間で、"hold"という言葉はDwarvesが潜む大広間や要塞を表すだけでなく、共に住居するDwarvesの集団も表す。"Hold"はDwarf社会の基本単位だ。Dwarvesは家族を持たず、血統、その系図も持たない。そして他の種族の王朝政治がまごつき、意味をなさないものだと見出した。Dwarf Holdはその中の有能で最も熟練したDwarvesの会議によって熟考されて選ばれるThaneによって治められる。Thaneの意思が優先されはするが、全てのDwarfは政策の問題または事柄について自分の意見を述べる事が出来る。たとえその大会議が大きく手に負えなくなったとしても、彼らは酷い争いになることは無い。変転(Turning)以来数年Dwarvesの一族は粉々に引き裂かれそして宿の無い世界に新たな住処を形成しなければならなかった。彼らのかつて住んでいたHoldは失ってしなってしまったが、DwarvesのHoldは息づいている。

 

好ましい種族 Elves
Guild ranks:
Guild Members:

Eccelene (Follower; the lowborn)
Saerdulor / Saerdlil (Peer; literally "true blooded")
Hodrimarth (the Middle Caste; literally "feasting masses")
Mandrae (Petty Noble; literally "the chosen")
Irmaelin (Nobles, Highborn; literally "golden ancient ones")
Thaelostor / Thaelostril (Elflord / Elflord; literally "eagle master")

Leader of City-State Dar Thaelostor / Dar Thaelostril (High Elflord / High Elflady)
Leader of Nation

Aglaeron (Elfking / Elfqueen; literally "Majestic One")
Ellestor / Ellestril (Emperor / Empress; literally "Master / Mistress of Stars")

Deathless Empireの燃えかすの中もがく者。Aerynthの分裂の間で失われ、散り々に散ったElves族は変転(Turning)以来初めて結集し、新形態の王朝を起こし、豊かで壮麗な貴族宮廷(Court)を設立した。古代の貴族の血筋かElfの英雄そして涙の戦争(the War of Tears)を生き残ったElfの領主の最も新しい子孫によって、多くのそれらの新しい宮廷は形作られている。Valdimanthor王家はHumanの大量虐殺により殆ど壊滅してしまったので、Deathless Empireの王位の明確な継承者は残っていない。幾つかのHigh Courtの支配者はDeathless Empireは出来うる限り早く再建されるべきだと考えている。一方他の有力なElvesは新しい何かが起こる時だと考えていて、第三の大規模なElvesによる支配権の構築を主唱している。当然、各Elfの領主は自身が支配者に最も適していると考えていて、同族の領主の主張と陰謀に腹を立てている。

 

好ましいクラス Fighter/Warrior, Healer/Priest, Mage/Wizard, Rogue/Thief
Guild ranks:
Guild Members:

Soldier
Man-at-Arms
Veteran
Myrmidon
Captain

Leader of City-State

Commander

Leader of Nation

High Commander
Warlord

戦争の頻繁に起こる地域の大抵の軍隊は権力か誇りのために戦うが、軍人には彼らの利益の為だけに戦う人種が存在する。傭兵仲間の集まりは世界を徘徊し、彼らの指揮官は生得権よりもむしろその技術を基準に選ばれ、その軍は未訓練な暴徒から戦闘で鍛えられたえり抜きの騎兵にまで及ぶ。カラスの様に戦場を渡り歩き、彼らは政治、派閥の話を全て無視し満足する金を提供する側に雇われる。傭兵団(Mercenary Companies)は各階層に有するあらゆる種類の”専門家”が有名で、ScoutからAssassinそしてWizardまで、戦争の特別な局面で必要なそれを雇い主に提供する。幾つかの指揮官は名誉と専門家気質を持ちその業務を行うが、より良い申し出が来たら戦闘の最中でさえも組する側を変える節操の無い単なる悪漢な者もいる。

 

好ましいクラス Fighter/Warrior, Healer/Priest, Mage/Wizard, Rogue/Thief
Guild ranks:
Guild Members:

Recruit
Footman
Corporal
Sergeant
Lieutenant

Leader of City-State Captain
Leader of Nation

General
Lord Marshall(2) / Lady Marshall

戦争は世界の歴史に拭い取れない烙印を残した。莫大な軍隊が国家、そして世界の1時代よりも多くの人々全員と運命を共にし、そして変転(Turning)の起きたとき戦争はより激しくなる一方だった。散り散りになった偉大なElvesの王の生き残りからAracoixの飛行大隊、えり抜きのDwarvesの大隊まで、全ての種族が軍隊を持ち、長い間活動していないのは少数だった。人の子孫達の間で際立った軍隊であるCambruinが涙の戦争で勝利を導いた軍団もばらばらに分裂し、暗黒の騎士団、下級の王とそれに使えていた家臣の莫大な軍隊、騎士、仕官全てが王の元を去って行った。これらの軍隊は他の種族の勢力と戦闘し、領土拡大、富の増加を望みお互いを襲い合いCambruinの高潔な王国の残党は戦っていた。その軍隊はいつもどの種類の軍人も必要としていて、進取的な新兵でも、もし運の女神が微笑んだならば国中に肩書き名声を得れることが出来るだろう。

 

好ましい種族 Humans
Guild ranks:
Guild Members:

Serf
Vassal
Scion
Chevalier
Baron / Baroness
Count / Countess
Marquis / Marquissa

Leader of City-State Duke / Duchess
Leader of Nation

King / Queen
Emperor / Empress

高潔王国(High Kingdom)、およびその前の10の王国が全て、戦争と災害の風によって一掃された一方で、古代の王の血統に基づいた偉大さ主張する人間が今だ存在する。多くの人間の古のNoble Houseは変転(Turning)に続く争いによって死に絶えたが、幾つかは今だ生き延び、古くからの信念と富を用い敵に対抗し、Cambruinの王座を取り戻しを試みている。大抵のNoble Houseは生粋のエリートの一族か血統だが、近年では成功した商人の連合政権がその権力で自身を貴族階級の地位まで押し上げている。どのHouseも家臣を纏める者、一生懸命忠義を尽くす者、助言者として仕える者、武力の指導者、法律学者、廷臣魔術師などを雇い入れている。不安定で複雑な親類関係の構図、縁組、不和、そして競争がNoble Houseの間で存在し、そして何の警告なしにその間で争いは勃発する。

 

好ましいクラス Druid, Ranger
Guild ranks:
Guild Members:

Yeoman
Pathfinder
Tracker
Seeker

Leader of City-State

Protector

Leader of Nation

Guardian
Lord Protector / Lady Protector

古代のからの宿命により世界のGreen Mother, Braiallaの奉仕人として専念して来たRangerの組合(Brotherhood)は過度の文明から避けて暮らす秘密主義の集団だ。自然のバランスの修復、戦争と混沌の破壊からの世界の保護に専念し、森と自然の道は彼らの第二の天性と言える。彼らのそれは歪んだ部族の発狂を抑え、ごろつきの獣達を鎮め、魔術や混沌で汚された大地を癒す。世界の歴史はRanger's Brotherhoodのメンバーに少しの賞賛を贈るばかりで、世界に終わりの無い苦しみと騒動をもたらした2人、All-FatherかHigh king(高潔王)Cambruinのどちらかばかりを取り上げている。多くの場合異教徒として非難され、組合は闇に潜むか他人の視線を避け深い森に忍んで、世界の運命のため人知れず戦っている。

 

好ましいクラス Confessor, Templar
Guild ranks:
Guild Members:

Aspirant
Novice
Initiate
Inquisitor
Jannisary
Tribune

Leader of City-State Lictor
Leader of Nation

Justicar
Pontifex / Pontifectrix

High king(高潔王)Cambruinの輝かしい戦士の一人Malornは彼が裏切りで殺害されるその時High kingの側で付き添っていた。変動の勢いにより大地が激動し空は薄暗くなった時の如く、Malornはその剛剣の刃より炎を呼び出し、High kingの暗殺者を打ち倒した。彼の嘆きは大きくそしてHigh kingへの崇敬の念は相当なものだった。Malornは分離派教会the Temple of the Cleansing Flameを起こし死した王への敵討ちと世界の挽回に専念した。Malornは炎の崇拝者から最初の神聖な聖人として敬われ、変転以来の数年後にはTempleはthe Church of the All-Fatherから完全に分裂していた。炎の崇拝者達は「All-Fatherは死んではいないが、全ての彼の子供に罪がはびこっていることからAll-Fatherは世界を見放した。だがかつて邪悪な者、異教徒、そして不純な者は破壊され炎によって清められた、All-Fatherは戻り、信仰を貫いた人々を祝福してくれるだろう」と信じている。The Temple of the Flameはあらゆる者との聖戦を疲れを見せず行ってきた、害悪、混沌、アンデッド、堕落した者、異教徒、そして冒涜する者、”嫌悪すべき者”(彼らの定める自然の序列の外側に存在すると見なされる如何なる獣か種族全て)、そして信仰と熱心さが欠けていると判断される自分達の分派の一員でさえも。

 

好ましいクラス Assassin, Rogue/Thief, Scout
Guild ranks:
Guild Members:

Urchin
Footpad
Grifter
Burglar
Collector
Master Thief
Treasurer

Leader of City-State Enforcer
Leader of Nation

Grandmaster Thief
Grandfather

大抵の大きな街は泥棒(thieves)、放浪者、殺人者の組織化した連盟を誇っている。いくつかの隠れ家は泥棒の主人、舎弟からなり、明確なテリトリーを持つしっかりと組織化した集まりもあれば、例えば人殺しの家族の一団、街の商人の搾取者、またはRovayleのストリートギャングの集まり等のよりくだけた集まりもある。全てのThieves' Bandは普通どれかに当てはまる。彼らはRobueが一致団結し法の境界線の外側で組織化し得る所に存在し、何よりも利益に専念する。Thieves' Bandに加わることでRogueは彼らの技術を完全なものへと研磨出来、そして幾つかの堕落した街でこれらの組織は合法な表の世界でも通じるかなりの強力な力と影響力を持つまで成長する。

 

好ましい種族 Irekei
Guild ranks:
Guild Members:

Jo'vuus (Slave; ideally, all non-Irekei are of this rank)
Urikhan (Cold Blooded One; pre Rite of Passage)
Irikhan (Hot Blooded One; post Rite of Passage)
Sek'alar (Hunter; warrior of note)
Khal'usht (Flame Keeper; typically older Irekei who advise leaders)
Arkhalar (Blade Wielder; literally "clawed one", a Family head)

Leader of City-State

Khal'urvho (Phoenix; literally "Fiery bird")

Leader of Nation

Khar'uus (Blood Lord; literally "Fire Master")
Kryqhi'khalin (Chosen One; literally "Blessed Spawn of the Sun")

王国や自治領を組織化する多くの他の種族とは異なり、灼熱の土地のIrekeiは食物と略奪を求めて枯れた荒地を放浪する放浪団Virakt'alに分か暮らしている。各Viraktは婚姻と古の誓いによりお互い協力し合ういくつかの大家族からなる。一般的に有能なWarriorかhunterがViraktを率い、各家族の代表からなる助言者の議会によりその専制的な権威は調整される。いくらかのVirakt'alにはWarriorの代わりにWizardが率いているが、それは極僅かである。Viraktの一員の間のきづなは大変強く、一族を裏切るよりは死を選ぶ。しかしながら他のVirakt'alの一員に同じ思いやりを見せる事は滅多になく、Irekei族間に蔓延する不和は、いわゆるグリーンランドの"血を降らす者"("Rain Bleeders" of the Greenlands)と冠される事に矛盾することなく血生臭い。Virakt'al間の政治はまごつき、不和の対立は変わりやすい。魔人は以前数日協力した者でもすぐに敵対者になるし、不和の対立の一方で新しい敵の出現に対しては素早く協力団結するだろう。

 

好ましいクラス Channeler, Mage/Wizard, Warlock
Guild ranks:
Guild Members:

Apprentice
Neophyte
Adeptus Minor
Adeptus Major

Leader of City-State

Magus

Leader of Nation

High Magus
Archmagus

人の子孫が立ち上がる遥か以前、The Deathless Empireの古代のElvesは伝承的知識の力、そして千年より前から口外されることのなかった魔道を最初に発見していた。偉大なエルフの魔術師は会議(Conclave)を開きそして図書館、作業部屋、莫大な実験室を有する秘密の技術の大きな大学を設立した。最初の学校はずっと前に破壊されてしまったが、会議の分派は生き長らえ、そして今日まで熟達を求める魔術師達は参加している。元始のエルフの熟達者達は時代を超え、歴史の潮流、外世界での敵対と関係なしに他の種族の間でもマスターとして迎えられている。全ての会議に参加する者は知識と力の探求と関係ないものは無視するのだ。Healerもこの会議に参加し、同じ魔術と力の道を辿っている。議会の指導者は世界の一時的な政治には断固として目もくれず、組織の地盤は研究により成り立つ様努めている。しかしながら多くの下級メンバーがより世俗的な野望を持ち合わせている。

Leader of Nationは都市国家(City-State)以上を支配しているギルドリーダーがこのRankを得ることが出来ることを意味します。

Leader of Nationは国家(Nation)を支配しているギルドのリーダーがこのRankを得ることが出来ることを意味します。

Source:Official Guild

05/18/2001 UP
06/28/2002 3:56 pm 更新

Warfare
Strategy FAQ
Sieging FAQ
Combat FAQ
ギルド
Guilds
Guild types
Guild ranks
紋章
Leadership
ギルド加入、脱退
政治タイプ
忠誠システム
国家
ギルドタイプ
Amazon Temple
The Barbarian's Clan
The Church of the All-Father
Dwarf Hold
High Court
Mercenary Company
Military Legion
Noble House
The Ranger's Brotherhood
The Temple of the Cleansing Flame
Thieves' Band
Virakt
The Wizard's Conclave
経済
Some Definitions
Economic Model
Production Transactions
Net Zero Transactions
Value Sinks
A Dynamic Economy
Search site texts:
Search news archives:
View all news items
Submit News
News managed by NewsPro.
© 2001-2002 by SB BUMP, All trademarks and imagery are property of their respective companies (e.g. Wolfpack Studios, Inc.)