News
--最新のNews
--過去のNews
--投票結果
--サイト内検索

Community
--SBB掲示板
--├SB総合
--└クラス&専門技能
--過去ログ
--About Site
--Links

SBinfo
--Shadowbane?
--操作法ガイド
--
Interface
--Party system
--読み物
--FAQ

Warfare
--Strategy FAQ
--Sieging FAQ
--Combat FAQ
--ギルド
--ギルドタイプ
--経済

Characters
--キャラ作成
--種族
--ベースクラス
--クラス
--専門技能

Worldinfo
--Game World
--背景
--The Legend
--建物
--モンスタ
 
  navi

Top>>World info>>建物

 
 

City Building

City(都市)とは建物と建築物の集合体です。それぞれの建物は特定の品物あるいはサービスをCityの住居者に供給するという特定の目的を持っています。Town(町)とは単にCityより小さい集まりで、そして二つの言葉は実際は入れ替えて使われることもあります。

全てのShadowbaneの都市や町がプレイヤーにより建築そして支配されるわけではなく、いくつかの静止的コミュニティーはゲーム管理者(Game Administrators)によって管理運営されるでしょう。

また、恐らく比較的多くのギルドがShadowbaneに存在する一方で、プレイヤーが運営する都市の数にはやはり制限が出来ます。多くのギルドは自らの町を所有するためには十分な力をつけるまで他の王国に忠誠を誓うところからスタートしなければならないでしょう。

ギルド間の競争と闘争の促進のため都市は不足気味の状態で保たれる様デザインされるでしょう。もちろん都市が非常に不足した場合、Wolfpackは何時でもプレイヤーに都市を行き渡らせるよう新しいWorld fragmentを追加出来ます。Shadowbaneの任意の世界を生成する機能は、このプロセスを特に速く容易にします。

プレイヤー運営ギルドは"menbers only"と宣言して自分の町からよそ者を締め出す事が出来ます。多くのギルドは防御的理由でそうするでしょう。しかしながら、出来るだけ開いた都市を維持する多くのゲーム内理由が存在します。有能なVendorおよびTradesmen(商人)と共によく商品の揃った店は強大な収入源になり得ます。さらにGuild LeaderはTree of Lifeの力へのアクセスと引き換えにお金を取り、それらの都市内のすべての建物に対する税金を徴収することが出来ます。ギルド指導者(Guild Leadership)および建物所有者は税のレベルに対して合意に達しなければならないでしょう。また、ギルド指導者は、どれだけの非メンバーがそれらの町の資源にアクセス出来るかを決定することになります。これらの経済政策はGuild LeaderとInner Council達の重要な決定事項となるでしょう。

ギルド運営とGM運営の両タイプの都市はあなたが中世の街に有るだろうと予期する全ての物、武器屋、防具屋、衛兵舎、塀、ギルドホール、等を含み、構造上はまったく同じです。2つの間の唯一の本質的な違いは、プレーヤーが政策(そして税率)をセットすることをギルド運営都市は認め、そして統治により時間の経過と共に発展したり衰退したりし得るということです。また幾つかのGM運営都市はそのエリアではプレイヤー同士の戦闘が絶対的に禁止されているSafeholdに指定されます。

City-State(都市国家)とは独立して、どこにも忠誠を誓っていないプレイヤー運営ギルドがコントロールする都市のことです。

Province(行政区域)とは別の所に忠誠を誓い、現在はより大きなNationの一部として存在しているプレイヤー運営ギルドによりコントロールされる都市のことです。

Nation(国家)とは1つあるいはそれ以上の忠誠を誓ったProvinceを持つプレイヤー運営ギルドがコントロールする都市のことです。

"Tree of Life"と呼ばれる、古代ルーン文字の覆われた巨大な白い石の木がゲーム内に存在します。新しい都市を始めるために、プレイヤーは、これらのうちの1つを見つけて、適切な位置にそれを植えなければなりません。アドベンチャーエリアと他の都市の境界線を除いて、世界中の殆どが都市の建設が可能とみなされています。

この木の働きは、文字通り、新しく形作れた街の心臓部と言えます。ギルドメンバーが死んだ時の復活ポイントにもなり、町の建物へ保護と防御を与えます。また、包囲戦の間、Treeは回復エネルギーを都市の建物に向け、戦闘中でさえそれらを素早く修復します。さらに都市のTree of Lifeは、あなたの発展する新しい王国の健康状態を物理的に表現します。この木が健全にそして完全に存在している限りは、街は栄えるでしょう。逆にいえばもし木が枯れたとしたら、、

都市を作るにはある意味Tree of Lifeが絶対必要と言うわけではありません。無作為な建物の集まりは、厳密に言えば、町あるいは都市といえます。そしてShadowbaneではキャラクターは構造物を、Tree of Life有る無しに関係なくどこにでも(ゲームの構造の許可した)建物を建築出来ます。そのような建物の集合体は都市に似て来るでしょう、しかし、このゲームに関しては、それは全くの別物です。プレイヤーは都市の名前を建物に指定する事が出来ませんし、それらはGuild Mapにも現れないでしょう。Tree of Lifeは都市に存在と名前を与えます。また、Treeを持たないどのような擬似都市でも、Treeが都市へと与える事の出来る力と手助けなしに、長い間残存することはないでしょう。

(プレイヤーそしてモンスターも建物に攻撃出来ますから、人通りの多い所にTol無しに建物を建てたらすぐ壊されそうですね。)

都市や町の防御を助けるゲーム内で入手可能な防御手段と構造物が多く存在します。街道をパトロールするNPC(Non Player Character)ガードを雇い、また防御に警戒射者を配置する事も出来ます。周辺に城壁を強力に立て起こす事が可能で、そしてRunemaserをTree of Lifeの保護と養育のために招き入れる事が出来ます。さらにGuild Leaderは、どのプレイヤーあるいはプレイヤー運営ギルドを敵と見なすかをガードに告げる"Kill on Sight"リストを発動させコントロールするでしょう。

しかし防御の一番の手段は、ギルドの他のプレイヤーとの対人関係です。外交は如何なる剣よりもすばらしい武器になり得、そして陰謀を巡らす事は時に闘争以上のものを成し遂げる事が可能です。広告塔と政略的忠誠は封建的権力のバランスにおいてその重みを増します。

その建物がギルドに所有されているか否か関わらず、都市のGuild LeaderはTreeの影響が及ぶ地帯の中の全ての建物にサポートの提供を申し出ることが出来ます。これはGuild LeaderがTree of Lifeの出力する0から100%の範囲の回復能力を提供する実質的には契約で、以下の3つの内一つあるいは全てと取引されます。

1,建物への週ごとの課税。これは普通何も生産しない建物に当てられます。

2,店がアイテムやサービスの販売で得た利益への課税。

3,都市のKill on Sight listの施行。(注:建物に回復力与えるから、こいつ見たら殺してね♪って感じでしょうか)

プレイヤーはBarrack(兵舎)からギルドホールまで幅広い種類の建造物を建設出来ます。都市の住人へ商品あるいはサービスを提供し、その建物のオーナーは各々の売上からの利益で富を蓄積したりなど、各建物は個々の用途を持ちます。

また上記の通り、キャラクターはゲームの構造の許す限り何処にでも構造物を建設する事が出来ます。都市の周りや中でさえも、もし空き地が有ったなら、キャラクターはそこに建設出来ます。しかし判るでしょうが、その都市のGuild Leaderはその新しい建物にTree of Lifeの保護を提供する義務はありませんし、それどころかギルド員に破壊を命じるかもしれません。

Shadowbaneの各建物はType, Rank, Stageの3つの基本属性に分類できます。

Typeはその建物の根本的な用途を表し、Tradesmenそして雇い人にどのタイプを任命できるかを決定します。例えばWeaponsmithは炉が必要ですのでTarvernで製品を製造出来ません。

Rankはキャラクターの持つRankに似ていて、建物の水準の大雑把な目安として考えられます。Rankはその建物がどのくらいよく仕入れられるか、供給されるかの目安で、建物の基礎的特長(構造のヒットポイントなど)はRankが上がるごとに進歩していきます。全ての建物はRank1から始まり、時間と金により上がり、その中のTradesmenはより機敏で能率的に働くでしょう。

StageはRankの副産物で、Typeと共に、建物の実際の外観を決定します。Shadowbaneの大抵の建物は個々の3つのStageを持ち、そして個々の段階で建物がより大きくより華麗になります。建物はRank3でStage2に変わり、そしてRank5でStage3に変化します。Guild Hallは個々のStageの存在しない唯一の建物です。これ以上内美しさで出来ていて、それらの外観はランクに関わらず、変わりません。

建物を建てるには、キャラクターは建築家(NPC雇い人専門職)に依頼してDeed(証書)を購入しなければなりません。そしてDeedを使い新しい建物建てます。Deedの買い手がその後その建物の持ち主になり、そして任命したTradesmenの生産に対する完全な管理を行います。将来、望んだ場合は別のキャラクターに建物の所有権を譲ることができます。

どんな場合でもDeedを使用したキャラクターが建物の唯一の所有者になります。所有者の所属するギルドは建物が製作する全ての物に対する直接の管理を行いません(そのメンバーはギルドの意向に沿う様いつも配慮しなければなりませんが)。覚えておいて下さい、建物の所有者はギルドと国家の仲間に特別料金を提供するためにTradesmenを指揮する事が出来ます。都市をコントロールするのはギルド単位だとは限りません。

建物の所有者は適切なTradesmenを配置し、そして作成アイテムリストを渡し、建物での品物とサービスの売上のprofit margin(利益率)を指定し、その活動を指揮することが出来ます。

国家メンバーへのもの、仲間のギルドメンバーへのもの、そして一般の人へのものの3つの異なるpfofit marginが存在し指定可能です。もちろん国家メンバーとギルドメンバーとは建物のオーナーの所属する国家またはギルドのメンバーのことです。都市を運営するのはギルド単位だとは限りません。

無料の食事のような物さらに言えば無料のLongswordは存在しません。全てのアイテムには作成に使われる原材料の値段、ベースコストが存在します。建物の所有者はTradesmenがどのくらい金額をベースコストに上乗せするかを前もって決定出来ます。一般的に、建物の所有者は仲間のギルドや国家メンバーには割引するよう低いProfit Marginを設定します。

Source:Official FAQ City Building

07/01/2002 10:25 pm UP

Game World
World of Shadowbane
Setting of the World
History unfolding
Structure
Zone
The Legend
History of the Land
The Chronicle of Ages
The Age Before

The Age of Twilight
The Age of Days
- Grimskolderissaga
The Age of Kings
The Turning
The Age of Strife
- The 12 Articles of Faith
City building
City
Guild Run Town and a GM Run City
City-States, Provinces, Nations
Tree of Lifeと都市建設
都市とTree of Lifeの防御
Tree of Lifeのサポート
建造物
建物の分類
建物の所有権
アイテム生産
Profit Margin
■Building Types

■Guild Halls

■Tradesmen and Minions
Bestiary
Basilisks
Bears, Cave
Beetles, Flame
Daelanc
Drakes, Blade
Drakes, Blue
Efreets
Genies
Grobolds
Grobolds, Arctic
Grondulkar
Lizard Men
Mammoths
Ogres
Orcs
Scorpions
Skeletons
Skrell
Swamp Hags
Tigers, Jungle
Treants
Trolls, Sand
Vampyres
Wolves, Arctic
Wolves, Dire
Wolves, Mountain
Wolves, Timber
Zombies

More creatures Comming soon!
Search site texts:
Search news archives:
View all news items
Submit News
News managed by NewsPro.
© 2001-2002 by SB BUMP, All trademarks and imagery are property of their respective companies (e.g. Wolfpack Studios, Inc.)